<< <口蹄疫>殺処分に追われる関係者 疲労と焦燥が蓄積(毎日新聞) | main | <取材ノート>イモビライザー(毎日新聞) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


針生一郎氏死去 前衛美術評論の草分け(産経新聞)

 前衛美術評論の草分けで、文芸や社会評論まで幅広く手がけた針生一郎(はりう・いちろう)氏が26日午後0時2分、急性心不全のため死去した。84歳だった。葬儀・告別式は未定。喪主は長男、徹(とおる)氏。

 東北大を卒業後、東大大学院で美術を専攻。大学院在学中に花田清輝、岡本太郎らの「夜の会」に参加し、評論家としての素地を作った。昭和28年、共産党に入党したが、35年の安保闘争で共産党指導部を批判して除名処分に。その後は文学、美術、建築、デザインなどジャンルを超えた文化全体で批評活動を展開する一方、国際美術展などの企画にも携わり、若い芸術家に大きな影響を与えた。

 和光大教授、岡山県立大教授などを務めた。主な著作に「修羅の画家」「針生一郎評論(全6巻)」など。

【関連記事】
松本零士さんら文化人・芸能人の美術展開催
ローマの宮殿で彫刻展 現地在住の小寺さん
アール・ヌーヴォーの旗手の華麗な世界 三鷹で開幕
中国古美術品市場が活況 書画、陶磁器が戻る
伊勢神宮の「せんぐう館」建設進む 再来年春に開館
虐待が子供に与える「傷」とは?

SL 「集煙装置」付きD51型 甲府−小淵沢駅間に登場(毎日新聞)
エモやん「私は即戦力」“政界巨人阪神戦”に自信(スポーツ報知)
福島氏罷免「慚愧に堪えない」 鳩山首相会見(産経新聞)
僕らの学食を守るぞ! 経営難、生徒らボランティア店員(産経新聞)
福島氏の訪沖に首相が不快感 「いかがなものか」(産経新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • 11:54
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
リンク
クレジットカード現金化 即日
即日現金化
現金化
クレジットカード現金化 比較
モバイル ホームページ
カードでお金
競馬情報
無料ホームページ
クレジットカード現金化
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM